About

About

Shri Kali Japan では、指導者養成コース、リトリート、各種クラスなどを開催しています。Shri Kali Ashramのあるインド(リシケシュ)やタイ(パンガン島)、また日本(和歌山ほか)にて、ヴェーダとタントラの智恵に基づいた伝統的なヨガをお伝えしています。

Shri Kali Ashram は、グルである Ācārya Bhagavan Shanmukha Anantha Natha と Shri Ma Kristina Baird のもとで、伝統的なヨガとタントラ哲学を深く学べる合宿制の学校です。本物のヨガを学ぶために、世界中から多くの人々が訪れています。

シュリカリの教えは、私たちが人間らしく気持ちよく生きてゆくことを教えてくれます。学び始めると、日本にも同じようなコンセプトが根付いていることに気づくことでしょう。

アシュラムのグルである Bhagavan とパートナーの Ma Kristina という二人の指導者のおかげで、ヨガやタントラの本来的な教えが現代も継承されていることに、心から敬意を表します。

アシュラムは、インドのリシケシュ、タイのパンガン島にあります。

→ シュリカリアシュラム

Shri Kali Japan では、伝統的なヨガと人間味ある哲学をお伝えしています。古代からインドに伝わるタントラの教えに基づいたこのヨガについて、次の三つの観点からお話します。

「伝統的なヨガアーサナシリーズ」
「智慧と実践の両立」
「日本の精神性への回帰」

続きは、右または下の「タイトル」をクリックして次ページ以降をご覧下さい。

→ 伝統的なヨガ

シュリカリのヨガアーサナ(ポーズ)とその流れは定まっています。なぜなら、それは現代的考えによって作り上げられるものではなく、自然と調和するポーズの順番や流れは自然の法則そのものだからです。ゆっくりやさしく行うことで、私たちのすべてを司っている「気」のバランスを整えます。「気」という源を活かすことで、心身ともに健康な人間として、より気持ちよく生活してゆくことができるようになります。

アーサナでは、「リラックス」という言葉が何度も繰り返されます。他人と比べたり、ポーズを完成させようと無理する必要はありません。また、体の各部位を不必要に意識したり、鏡を見てナルシスト的にヨガをすることもありません。目を閉じて静かに行います。リラックスすることによって、思考好きでリラックス嫌いな癖がついている普段の自分を手放して、大自然の流れに身をまかせます。

初めはリラックスそのものが難しいですが、定期的な練習により体の筋力や柔軟性が高まり、同時に精神的なくつろぎもどんどん増し、本当のリラックスの果てにあるものを味わい始めます。それは、とても「楽」で「自然な自分」です。伝統的なアーサナを通して、人間が生まれ持ったありのままの気持ちよさを養いましょう。

→ 智恵と実践

ヨガ(アーサナ)をその背景にある哲学から切り離すことはできません。「哲学とヨガ」は、「智慧と実践」や「科学と文化」とも言えます。シュリカリでは、現代的思考に全く左右されていない哲学的教えと様々な実践を学びます。シュリカリの教えはタントラ哲学に基づいています。タントラとはインドの聖典ヴェーダの真髄であり、人間と宇宙の存在意義を教えてくれるものです。自分も周りも全て尊い存在であるという事実を人生において実践してゆきます。

現代社会では、本当の自分や人生の意義を見失いがちです。しかし、自分を本来的な状態に導いてくれるものがさまざまな精神哲学です。タントラはその一つ。時間や空間といった相対的概念に縛られていない事実を体得するには、その教えがしっかりと反映された実践を積み重ねる必要があります。シュリカリでは、その実践としてアーサナ、呼吸法やバンダ、プジャなどがあります。

例えば、アーサナでリラックスが高まると、理性が消えて直観が働きはじめます。不必要なものを取り除いて初めて、本当の自分を味わうことができます。そうなると自分の身体が単なる肉体ではなく、とても神聖な存在であることに気づきます。これが本来的な瞑想(ディヤーナ)です。瞑想とは心を落ち着かせるテクニックではなく、小さな心を大きな心に結びつけ、智恵とともに生きてゆくことです。

→ 日本の精神性

伝統的なヨガアーサナとタントラ哲学によって、私たちは「日本人のルーツ」を確かめることができます。日本の伝統的な精神哲学の中にも同じような智慧と実践があることに気づき、ヨガがとても身近なものになります。無理をしないでリラックスして、からだの限りない可能性に出会いましょう。これこそ、私たちが昔から持っている身体観です。

私たちは、自分の生まれ育った国の文化の深さを理解して始めて、ヨガアーサナの本質を体得できます。日本に昔から伝わる空、無、無常という概念、また、伝統芸能や武道といった実践から学ぶことがたくさんあります。西洋志向に傾きがちな現代において、ヨガの普及は私たち日本人への大きな贈り物です。西洋を模倣することなく、日本人として誇りを持ち、さらに日本人という肩書きを超えて人間として歩みたいですね。

→ シュリカリジャパン

Ācārya Bhagavan Shanmukha Anantha Natha は、この流派のグル・師匠であり、シュリカリアシュラムの設立者です。

グルによる教えとは、古代から続く精神的な哲学が文化的に連綿と受け継がれてきたものです。最近になって作り出された近代的で経験主義的なアプローチとは異なります。それは、「架空のアイデア」ではなく「本物の智慧」です。

「架空のアイデア」は、その場しのぎの術に重点が置かれますが、Bhagavan の「本物の智慧」は、普遍的な観点からの生きる道を私たちに与えてくれます。この普遍的な教えは、グルであるBhagavan とMa Kristina によって著された“Divine Initiation”と “Third Eye of the Buddhist”という哲学書でも解き明かされています。

続きは、右または下の「タイトル」をクリックして次ページ以降をご覧下さい。

→ 師匠バガヴァン

Ācārya Bhagavan Shanmukha Anantha Natha は、幼少の頃から、敬虔なタントリック教徒である祖父よりシャイヴィズム(タントラの一流派)の精神科学を学んできました。後になって 、Bhagavan はShri Ma Chandramati Shivadarsini Sharma を師と仰ぎ、タントラの極意を更に深めました。

イギリス植民地時代にもたらされた近代的なアイデアにより、60・70年代のインドでは、タントラは魔術のように誤解されていたため、Shri Ma Chandramathi Shivadasini Sharma はタントラの伝授を控えていました。しかし、Bhagavan の真摯な態度と祖父から学んだ智慧の深さに心打たれ、タントラの儀式を含めた更なる奥義を伝授することを決心しました。

彼女は Bhagavan に「シャイバ/シャクタ」の伝統の「ācārya」(日本語の阿闍梨に相当する)として「Bhagavan」の称号を与えました。この称号を所持するということは、 Kashmiri Śaivism、Uttara Śaivism、Dakṣiṇa Śaivism、Tamil Śaivism など各種の伝統を含めたヴェーダを完全に理解していることを意味しています。

また、彼はサンスクリット語、タミル語、ヒンディ語、英語、インドネシア語など様々な言語にも精通しています。タントリック教徒として育った彼は、40年以上のヨガ指導とタントラ哲学の研究を行ってきました。各種思想のみならず、現代哲学や心理学などの様々な分野に精通し、智恵と温かいハートを持ち、たくさんの生徒に人生の生き方を伝授しています。

→ マ・クリスティーナ

Ma Kristina は、Bhagavan とともにシュリカリアシュラムを設立し、智慧の伝授につとめています。ニュージーランドの Otago University において宗教学、Australian National University にてサンスクリットに関する論文を修了しています。Ma Kristina はタントラ哲学について次のように述べます。

現代の指導者たちは、自分のブランドやヨガスタイルを作りあげるためにタントラやヨガを手直ししていますが、その必要は全くありません。私たちがこの人間の身体を保持する限り、本来的な人生の原理を学んで応用するだけでいいということをタントラは教えてくれます。時代を超越したタントラのフォーミュラ(システム/方法)は、マクロの世界と私達の世界を、哲学的そして数学的に分析することによって構成されています。著名な学者や学術機関によっても導きだされないような貴重な観点を、私達はタントラから学ぶことができます。宇宙の原理は物質のみから構成されているという西洋の主張に反して、昨今になりようやく量子力学の観点から「無」という概念が紐解かれました。つまり、このような科学的な発見は、タントラにおけるシヴァ&シャクティの原理と同等のものであると理解されるようになりました。

→ グルによる教え

中口朋子は、2009年以降  Shri Kali Ashramの師匠であるBhagavan Shri Shanmukha Anantha Natha より伝統的なヨガと哲学を学び続けています。この教えが人間にとって不可欠であると自覚し、2011年にヨガの指導をスタート。

グルから直接学んでいるため、本来的なヨガ哲学やタントラ哲学、サンスクリット語に長けています。また、高野山大学大学院にてサンスクリット語の科学についての論文を提出し、密教学の修士号を授与。密教とヨガの関係性についてもレクチャーを行っています。

1年のほとんどをシュリカリアシュラムで過ごし、アシュラムにおいては上級指導者として世界中から学びに来る生徒さんに指導を行っています。日本では定期的に指導者養成コースやリトリートなどを開催。

Shri Kali Ashram Tantric Initiation(タントラ哲学)
Traditional Tantra Yoga Teacher E-RYT500
高野山大学大学院 密教学科 修士課程修了

シュリカリでの学びについては、Tomoko Nakaguchi ヨガ哲学ショートインタビューをご覧下さい。

 

→ 中口朋子

中口朋子
Tomoko Nakaguchi

m:info@shrikali.jp

LINE Shri Kali: https://line.me/R/ti/p/%40dke8967w
LINE Tomoko: http://line.me/ti/p/J9AubS2PgN

お気軽にお問い合わせ下さい。
パソコンからのメール受信設定をブロックされている方は、上記メールに対するブロック解除をよろしくお願いします。

スケジュール Schedule
1
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
2
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
  • 親子ヨガ
  • 一般ヨガ
3
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
4
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
5
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
  • RYT ヨガ指導者養成(和歌山)
6
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
  • RYT ヨガ指導者養成(和歌山)
7
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
8
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
9
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
  • 親子ヨガ
  • 一般ヨガ
10
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
11
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
12
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
  • RYT ヨガ指導者養成(和歌山)
13
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
  • RYT ヨガ指導者養成(和歌山)
14
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
  • RYT ヨガ指導者養成(和歌山)
15
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
16
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
  • 親子ヨガ
  • 一般ヨガ
17
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
18
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
19
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
  • RYT ヨガ指導者養成(和歌山)
20
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
  • RYT ヨガ指導者養成(和歌山)
21
  • RYT ヨガ指導者養成コース&ヨガリトリート(Shri Kali Ashram)
22
23
  • 親子ヨガ
  • 一般ヨガ
24
25
26
  • RYT ヨガ指導者養成(和歌山)
27
  • RYT ヨガ指導者養成(和歌山)
28
29
30
  • 親子ヨガ
  • 一般ヨガ
31